唐津土建工業株式会社

企業情報

2019-10-15
カテゴリトップ>九谷焼
○九谷色絵唐獅子牡丹文皿○江戸後期-木製箱付-ニュウ有り-磁器【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】




【smtb-ms】


〇九谷色絵唐獅子牡丹文皿〇
江戸後期
















商品情報
商品名九谷色絵唐獅子牡丹文皿【古美術・骨董品】
時代江戸後期
材質磁器
焼物九谷焼
種類色絵・唐獅子牡丹文
菱形皿(変形皿)
高さ6.2cm
12.3cm

一ヶ所ニュウ有り



*傷表記のあるものは傷部分の写真に赤い矢印等で印をしています。写真をよくご確認下さい
*傷の名称は〇骨董傷用語〇でご確認ください
付属品木製箱付
現品限り
商品詳細【コメント】
江戸後期の九谷色絵唐獅子牡丹文皿
綺麗な緑が基調の素敵なお皿。縁起のよい唐獅子牡丹が描かれている見事な意匠の変形皿。大変上品で絵になる素敵なお皿です。

【九谷焼/くたにやき】
石川県金沢市などで生産されている磁器。1655年頃に大聖寺藩の九谷村で創業、その50年後に廃窯する。この頃のものを「古九谷」と呼ぶ。17世紀、、良質の陶石が発見されたのを機に、大聖寺藩士の後藤才次郎を有田へ赴かせ、帰藩後に藩の政策として焼成が始まる。藩前田家の豊かな財力で全国から著名な職人、画家、学者、茶人たちが招かれ、多くの優れた美術工芸品が制作され、その意匠は大変優雅で豪放華麗なものであった。

古九谷の廃窯から、約一世紀後の1807年に加賀藩が京都から青木木米を招き金沢の春日山に春日山窯を開かせたのを皮切りに、数々の窯が加賀地方一帯に立った。これらの窯の製品を「再興九谷」という。

明治時代になると明治政府は国力増強のため、殖産興業・輸出振興策を打ち出し、1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されると、その美しい金襴手などの意匠が外国人の趣向と一致し、九谷焼は主要な輸出品となる。

商品の在庫について 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている場合がございます。在庫状況につきましては、から送られる「自動返信メール」の後に、当店からお送りする「受注ご案内メール」にてご確認ください。( 在庫がない場合は後程ご連絡させて頂きます。また、状況次第では注文がキャンセルとなる場合がございますのでご了承下さい。)
画像の色合についてできるだけ実物に近くなるように努めておりますが、お使いのパソコンやモニターの環境や設定、光の加減等により若干違う場合ががあります。 ご理解の上ご注文くださいませ。 気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
画像サイズについて商品の実際の大きさにあわせておりません。非常に大きい品物は小さく写り、小さい品物は見やすいよう実寸より大きく表示しています。ほとんどの商品にサイズ表記を記載しておりますのでご参考下さいませ。
商品について当店が長年の経験から判断し鑑定しております。取扱っている商品の多くは古美術・骨董品・中古品となります。 時代物は特に多少のスリ傷や表面の枯れ、貫入(カンニュウ)などが入ることがあります。酷いもの以外は記載はしませんので写真からご判断ください。ニュウやホツ(欠け)が入っている重要な目立つ傷は必ず記載いたします。

価格
80,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
現品1点限り
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く